遺品整理業

東京で遺品整理を依頼するならどこの業者?主な会社をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年、急速に知られ、注目を浴びるようになってきた遺品整理業。
でも、もし実際にいざというときに巡り会わせたら、どのような業者に依頼すればいいのか迷ってしまう人の方が多いのではないでしょうか?
そこで、東京で遺品整理を依頼したい場合、よい業者をみてみましょう。

遺品整理業者とは?

遺品整理士認定協会

業者を選ぶにあたり、何か基準となるものはあるのでしょうか?

遺品整理業には、国が定めた資格はありません。しかし、民間で「遺品整理士」という資格をつくり、遺品整理に必要な知識や心構えをしっかりと持つ遺品整理士を育てています。

そんな団体が「一般社団法人 遺品整理士認定協会」です。

  • 遺品整理士認定協会の理念
  • 遺品整理士 魂の四原則

遺品整理士認定協会の理念

現代日本では、高齢者の孤立死の増加や、核家族化・高齢化が急激に進行しています。
同協会は、遺品整理業の需要が高まる中、遺品整理業への理解と認知をすすめるとともに、業務に関連する法令規制に応じた実務実現のため、専門家の育成を行うことを理念としています。

遺品整理は業者選びが重要です孤立死問題や空き家問題が叫ばれるなか、高齢者が孤立死にて亡くなった場合、遺品整理を遺族が十分に行えず、専門業者に頼むケースが急増しています。
それに伴い、遺品整理業者も増えていますが、同時に遺品を不法投棄したり、法外な高額請求をしたりする悪徳業者も増えています。

そこで、遺品整理士認定協会では、こうした状況に対し、故人や遺族の想いを大切にしながら、法令を遵守した業務を行える専門家の養成を目的に取り組むことを理念とし「遺品整理士」の認定を行っています。

遺品整理士 魂の四原則

遺品整理士認定協会では、以下の4つを「遺品整理士 魂の四原則」として定めています。

一、遺品整理士は、ご遺族の方に真の思いやりと心からの新設を第一とする。 一、遺品整理士は、身だしなみや清潔感を第一とする。(服装、頭髪、頭髪の色など) 一、遺品整理士は、故人に敬意をもって作業する。
 ・お仏壇がある場合は、必ず手を合わせる
 ・故人に感謝されるよう、仕事を行う
一、遺品整理士は、故人の遺品を自身の家族のもののように扱い、ご遺族や地域社会への奉仕の心を忘れない。

同協会の木村榮治理事長は、自身の父が亡くなった時、遺品を乱暴に扱われ、悲しい思いをした経験からこの協会をつくったそうです。
この協会ができて、2018年で8年目。同協会に加盟していることは、遺品整理業者選びの1つの基準としてよいのではないでしょうか。
同協会では、遺品整理に関する一般的な費用などの問い合わせにも応じてくれます。

東京都23区の遺品整理業者

続いて、東京の遺品整理業者をご紹介していきましょう。
ここでは、「遺品整理士」資格の認定を受けた登録企業をご紹介します。

豊島区:株式会社辰巳

不用品回収の会社ですが、「遺品整理特急便」と提携し、専門のチームが遺品整理を行っています。不用品回収会社なので、遺品整理で出た不用品を適正に処分してもらえるのが安心です。

葛飾区:株式会社こころ家

東京・神奈川・千葉・埼玉をカバーしている業者です。ホームページ内には会社案内の動画や、作業風景、作業実績の写真などが掲載され、ビジュアルで作業内容を確認しやすくなっています。
また、生前整理のサポートや、家の片付けサービスも行っています。

江東区:有限会社関東紙業(遺品整理事業部)

遺品整理はじめ、ごみ屋敷のごみ撤去・処理も行っています。不用品のリサイクルとリユースを念頭においた整理をモットーとしています。
別料金ではありますが、形見分けの配送サービスなどもあり、遺品整理に関するトータルサポートを行っています。

目黒区:株式会社クレスト

エンディングノートの作成や遺言の相談などをはじめとする終活から生前整理、遺品整理、相続の問題、お葬式、供養、仏具の通販など、トータルでサポートしてくれます。
サービスを一本化することにより、安心で健全な業者を探す手間を省き、手数料を最小限に抑えられます。
様々な士業や民間企業と多彩なネットワークをもち、迅速なサポートを受けることができます。

港区:遺品整理イルマーレ

東京を中心に、神奈川、千葉、埼玉の近郊エリアにも対応しています。定額で車(ワゴン、トラックなど)に摘み放題プランがあり、低料金できめ細かいサービスがモットーです。
オプションでハウスクリーニング、特殊清掃も依頼でき、処分に困る仏壇の供養もしてもらえます。ホームページでは料金設定が明確で安心。
また、買取業者と提携しており、遺品を高く買い取ってもらうことができます。

板橋区:一期一会

遺品整理、生前整理、老前整理など、死後にトラブルを起こさないお手伝いをしてもらえます。
作業時に建物の損壊や器物の破損、それに伴う怪我などが万一発生した場合に備え、日新火災海上保険株式会社の賠償責任保険に加入しているのも安心。
オプションで形見分けの配送、オゾン脱臭、供養サービス、廃車の手続き代行などもあります。また、女性スタッフがいるので、女性による遺品整理も依頼できます。

大田区:遺品整理ネクスト

東京本店では、東京、神奈川、埼玉、千葉全域をカバー。この他にも東北、中部、関西、九州などに支店を持ち、ほぼ全国どこでも依頼することができます。
また、遺品整理士のほか、事件現場特殊清掃士が在籍しています。
専任スタッフ制で、見積もりから実際の作業、支払い、アフターフォローまで、同一スタッフが責任を持って対応します。

世田谷区:せたがや遺品整理 有限会社ツダック

遺品整理では、不用品を地元のケアハウスやボランティアへ寄付することで廃棄ロスを少なくし、有効活用に努めています。
また、遠隔地でも、別荘の整理や別宅の片付けも請け負ってもらえます。税理士、弁護士などとも提携し、老後の不安を軽くするサポートも行います。

杉並区:まごころケアーズ

24時間・365日営業し、突然の事態やイレギュラーな案件などにも即日対応してもらえます。孤独死や事故物件など、特殊清掃にも対応しています。
また、真心を込めたサービスを提供するため、日頃からスタッフのマナーや礼節、技術、サービスなどに関して人材教育に力を入れています。
依頼(遺族)の立場に立ち話を聞くなど、心のケアも行っています。

品川区:オフィス ミルラ

女性スタッフのみの遺品整理業者。遺品整理のみならず、生前整理、引っ越しに伴う片付けや清掃など、片付けに関する全般を依頼できます。
作業は全て女性スタッフが行うので、細かいところまで行き届いた作業をしてもらえます。特に女性依頼者が安心できる業者です。

東京23区の遺品整理業者、どこを選ぶ?

東京23区以外の遺品整理業者

町田市:遺品整理総合サポート ガーディアン

東京・神奈川を中心に遺品整理を行う企業。埼玉・千葉などにも業務を拡大中。
プラズマオゾン脱臭、除菌サービスも行い、これまで諦めていたお部屋の腐敗臭や、床上浸水・火災後の臭気を除去してもらえます。
また、ご葬儀の手配、弁護士や司法書士のご相談、孤独死後の特殊な清掃まで、トータルでサポートしています。

東大和市:ほっとアルファー(TCワークス株式会社)

終活、遺品整理から特殊清掃、家財整理までサポートしています。遺品の供養を依頼することもでき、供養証明(無料)も発行してもらえます。
証明なしの場合は100円がユニセフへ寄付され、感染症から子供を守るためのワクチン(6回分)、下痢で体から水分がなくなり、命を失うことを防ぐ薬(12袋)、1錠で4~5リットルの水をきれいにする薬(192錠)などに役立てられています。

八王子市:クリーンキューブ

東京、神奈川、埼玉、山梨、千葉、群馬、栃木、茨城と関東全域を幅広くカバーしています。
遺品整理のほか、エンディング準備支援、施設などへの入居に伴う準備、不用品処分、ごみ屋敷の解決なども行っています。
遺品整理士だけでなく、運送、引っ越し、葬祭、警備、給食などの社員教育を行い、高いプロ意識をもって様々なニーズに応えています。

青梅市:フューネラルそうしん

葬儀会社ですが、遺品整理や生前整理のサポートも行っています。
遺品の供養や遺品整理後のリフォームなどについても相談できます。自分の葬儀について生前に決めておきたい人は相談するとよいでしょう。
また、現在入院中治療でなければ、持病があっても、通院中でも、服薬中でも、満15歳から満79歳まで誰でも加入できる保険「終活保険『さくら』」を販売しています。
最長で満99歳まで継続でき、100歳お誕生日の前日まで保障されます。

町田市:株式会社バグジー

遺品整理だけでなく、空き家の整理、故人の遺品の査定・買取、入院や施設入所に伴う片付けなど、様々なケースに対応してもらえます。
急なことで借家や賃貸の住居をただちにあけ渡さなくてはならないような場合でも、迅速な対応が可能です。
相続に関する悩みがある依頼者には、相談支援業者も紹介しています。

多摩市:京王運輸株式会社

京王電鉄を中核とする京王グループの貨物輸送部門会社です。引越し作業が主な業務ですが、終活サポートも行っており、生前整理、遺品整理のサポートも依頼できます。
また、家財道具の移動や整理、不用品の収集運搬・処分取次、不用品の買取サービスも行っています。

福生市:株式会社エコーズ21

多摩地域と東京23区を中心に、地域密着のサポートを目指しています。
マニュアル化された作業ではなく、依頼者一人ひとりと向き合い、じっくりとヒアリングを行なってから作業を行うのがモットー。
売るのか、貸すのか、解体するのか、依頼者様のために本当に必要な作業な何かを話し合いながら、依頼者様にとって一番いい遺品整理を提案します。

東京23区以外の遺品整理業者は?

各地方から東京進出している業者もいます

近年、遺品整理業者は非常に増えています。遺品整理を依頼したい時は、ホームページを閲覧するだけでなく、実際に電話やメールで問い合わせをしてみましょう。
今回は遺品整理士認定協会から認定されている業者をご紹介しましたが、協会に記載されていなくても優良な業者は存在します。

また、東京に本部がなくても、支社を持ち、地方から全国展開している業者もあります。
依頼者と業者の相性もありますので、まずは問い合わせをしてみることが一番です。その業者の姿勢や取り組みに関して確認し、信頼できる業者を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遺品整理のスーパーノウハウ、プレゼント中!

『身内が亡くなったら絶対に知ってほしい遺品整理チェックリスト』(無料)


遺品整理において最も注意しなければならないのは、時間的・費用的制限のあるなかで、どのようにして故人に失礼のないよう、スムーズに遺品整理を行うか。そのために、悪徳業者に騙されないための知識を持っておくことです。


そこで、遺品整理のプロが誰にも教えたくないノウハウを一つの資料にまとめました。悪徳業者も必見!「悪徳業者に騙されないためのポイント」もキッチリ教えます。


資料ダウンロードページ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA