遺品整理業

水槽・グラス・窓ガラスなどガラス製品の処分方法は?捨て方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遺品整理ではさまざまなものを片付けなくてはなりませんが、ちょっと悩んでしまうのがガラス製品ではないでしょうか。

小さな食器などはまだしも、大きなガラスのテーブル、小動物や観賞魚の飼育が趣味だった人はガラス製の水槽、アクセサリーやフィギュアなどのコレクションをしていた人なら保管用のショーケースなど、大きくて重く、いざ処分となると困ってしまうものが少なくありません。
今回は、そんなガラス製品の処分方法について見ていきましょう。

ガラス 処分

自治体で処分する場合

ガラス 処分 自治体

自治体の回収で処分する場合、大半の自治体では、ガラスは不燃ごみ、もしくは粗大ごみとして処理されています。

 食器やグラス

ガラス製の食器やグラスは、不燃ごみとして扱われる自治体が多いようです。
割れやすいため、段ボールに入れたり、新聞紙にくるんだりした上で、指定のごみ袋に入れます。さらに、「ガラス製品」「割れもの」などと目立つように表記しておきましょう。

割れたガラス

まず、割れたガラスを一ヶ所に集めましょう。破片でケガをしないよう軍手などをして、大きな破片から拾います。拾った破片は、厚紙や新聞紙にくるんでおきます。

次に、手で拾えないような細かい破片を掃除機で吸い取ります。このとき、掃除機が故障しないよう、吸い取り口を目の細かい布で覆いましょう。吸い込まれないように布を輪ゴムなどで固定し、ガラスが掃除機の中に入りこまないようにします。

最後に、床を水で濡らした雑巾などでそっと拭きます。細かいガラスの粉で床に傷がついてしまう恐れがあるので、力を入れずに。拭いた雑巾は捨てましょう。

集まった破片は、自治体指定の袋に入れて捨てます。このとき、袋が破れないよう、二重、三重にしましょう。1枚の袋に入れるだけでは、ガラスの破片がゴミ袋を突き破り、収集する人がケガをする可能性があります。
さらに、袋に「ガラス」「危険」などと書いたメモを貼っておきます。

テーブル

ガラステーブルを自治体の回収に出す場合は、粗大ごみとして扱われるケースがほとんどのようです。
東京23区、名古屋市、大阪市などでは、一辺が30cm以上のものが粗大ごみとしていますが、札幌市のように「耐久消費財その他の固形廃棄物で、指定ごみ袋に入らないもの」という指定をしている地域もあります。居住地域のルールを確認しておきましょう。

粗大ごみではなく、普通の回収で出したい場合は、ガラス部分、金属部分などに分解して出すことになりますが、工具が必要なこと、また危険を伴うため、あまりお勧めできません。

水槽

処分 水槽

小動物や昆虫を飼ったり、アクアリウムなどを楽しんだりする水槽。まずは、水槽の中に入っているものを処分します。

底の土

アクアリウムなどの場合、底の粘土の塊であるソイル、砂、砂利、溶岩石などが敷いてあります。これらの土などは、自治体では基本的に回収していません。ただし、少量であれば処分できる場合もあるので、問い合わせてみましょう。

自宅で花を育てている場合は、庭の土や園芸土として使える場合もあります。ただし、公園や河原などには絶対に捨ててはいけません。不法投棄となってしまいます。

水草

ベランダなどで日干しして乾燥させてから、可燃ごみとして出します。公園の池などに捨ててはいけません。

水槽用アクセサリー

流木やハムスターの滑車など、水槽アクセサリーも処分しましょう。木やプラスチックなどは基本的に可燃ごみとして処分できます。素材を調べ、自治体のルールに従って処分しましょう。

水槽本体は、大きさによって不燃ごみか粗大ごみに分かれます。居住地域のルールを確認して捨てましょう。

ショーケース

フィギュアや趣味のものを飾っていたショーケースも、大きさによって不燃ごみか粗大ごみかに分かれます。大きさを計り、自治体のルールに従って処分しましょう。

窓ガラスなど大きなガラス

窓ガラス 処分

割る

割れたガラスは不燃ごみなどに出すことができますので、割った状態にします。
まず、分厚い手袋(滑り止めのついたもの)をつけ、底の厚い靴を履きます。さらにゴーグルをすれば、より安全です。
破片の飛散を予防するため、割りたいガラスにガムテープを貼ったり、新聞紙やブルーシートで包むなどしましょう。包んだ上から、金づちなどで叩いて割ります。

細かく割ったガラスは、段ボールや新聞紙などに包み、さらにビニール袋に入れて、「ワレモノ」「ガラス」などと書いて目立つところに貼って出します。

切断する

割るのがちょっと怖い場合は、切断しましょう。
ガラスを切るには、ガラスカッターという工具を使います。

ガラスカッターにカッテングオイルを入れ、準備します。また、厚手で滑り止めのついた手袋をします。ゴーグルもつければ安心です。
段ボールを敷き、その上にガラスを置きます。ガラスカッターで、ガラスに線を引くように傷をつけます。普通のカッターで紙を切る時の要領です。

ガラスは、切った線で割ることができます。これを繰り返し、捨てやすい大きさにカットします。
カットしたガラスは、段ボール箱などに入れ、不燃ごみの日に出します。箱にはわかりやすく「ガラス」と書いておきましょう。

ガラスってリサイクルできるの?

ガラス リサイクル

ガラスを自治体のごみに出す場合、各自治体によって出し方が決まっていますね。これは、リサイクルのため・・・と思う人が多いと思いますが、ガラスごみは本当にリサイクルされているのでしょうか。

ガラスは、原料を混ぜ、溶かして固めたものです。リサイクルする場合は、使用済みガラスを再び溶かし、固めます。こうして溶かされたガラスは、びん、タイル、アスファルトの原料、住宅の断熱材などとして生まれ変わります。

リサイクルされたガラスは、不純物や材質の統一化などに問題があるため、見た目が大切な飲料水のびんや窓ガラスなどとして使われることは多くありません。

また、ガラスを溶かすには1500度以上の高温が必要なこと、不純物が混じっていると高熱で有害物質が発生することがあります。また、材料が安価なので、リサイクルするより新しいガラスを作った方がコストは安く、高品質な製品が作れます。そのため、使用済みのガラスは、再利用するための価値はあまり高くないのです。

そのため、一般家庭から出るガラスは、びんを除いて大半が不燃ごみとして処理されています。ごみを減らすためには、割れたものなどを除き、できるだけそのまま使うのが望ましいのです。

捨てずに処分するには?

ガラス 遺品整理業社

リサイクルがあまりされていないガラス製品。ごみにしない方法を考えてみましょう。

 専門店、リサイクルショップで売る

ガラス水槽などは、中古のものでも需要があります。アクアショップや熱帯魚専門店などに相談してみましょう。最近では、出張買い取りをしているアクアショップもあるようです。

また、水槽台、殺菌灯、照明、ポンプ、水槽用クーラーなどの水槽用アクセサリーがあれば、水槽と一緒に買い取ってもらえる場合があります。特に、大きなものや、大量にある場合は、専門店に相談するのがお勧めです。
食器やテーブルなどの場合は、リサイクルショップに相談するとよいでしょう。

 オークションやフリマアプリで売る

ネットのオークションやフリマアプリは、スマホで品物の写真を撮り、そのままサイトにアップするだけで、簡単に売ることができます。
フリマアプリは、自分の希望する価格をつけて売ることができ、売れるまでの時間も比較的短いようです。

ネットオークションは、思わぬ高額で売れることがありますが、売れるまでに時間がかかったり、なかなか価格が上がらない場合もあります。
また、フリマアプリやネットオークションは、自分で荷造りや発送をする手間がかかります。時間のある人、遺品整理を急がない人は、試してみるとよいでしょう。

 寄付する

食器があれば、寄付をしましょう。物資が足りず、さまざまなものを必要としている国々を支援しているNPO法人や団体があります。
寄付の方法は簡単で、不要な食器を箱に詰めて送るだけ。プロが仕分けやクリーニングをしたあと、海外の困っている人々への寄付や、国内外で活動する団体への支援として送られます。

日本製のものは品質が高いため、海外でも喜ばれています。使わないものが誰かの役に立ったら嬉しいですね。

 遺品整理業社に依頼する

不用品の買い取りは、遺品整理業者も行っています。
最近では、さまざまなジャンルに関して専門的な知識を持ち、市場価値のあるものを適正な価格で買い取る業者が増えています。遺品の中に、もし価値の高いものがあれば、遺品整理費用の節約になります。

また、遺品整理業者に依頼する最も大きなメリットは、一度の依頼で全てを適切に処分できることです。買い取りができない品物は、不用品として回収・処分してもらえます。遺品整理を急いでいる人、手間をかけられない人にお勧めです。特に、大きくて重いガラス製品の場合は助かりますね。

まとめ

ガラス 処分 捨て方

ガラスを捨てる場合は、自治体によってルールが違います。事前に居住地区のルールを必ず確認し、適切な方法で処分しましょう。

また、ガラスはほとんどリサイクルされておらず、多くがごみとなって埋め立てられています。ごみを減らす意味からも、できるだけ、捨てずにそのまま使う方法をとりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遺品整理のお悩みやお困りごとは 遺品整理の専門家「遺品整理の七福神」へ!


HOME

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


遺品整理の七福神はこちら