遺品整理業

おもちゃの処分に困ったら、出張買取や寄付がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子どもが小さい頃に遊んでいたおもちゃ、どうしていますか?
かわいい子どもが大好きだったおもちゃ。
いろいろな思い出がよみがえり、捨てられずにいる人も多いのではないでしょうか。
でも、よく考えれば、もう使わないものです。
スペースを取りますし、生前整理をするにあたり、処分したいと思っている人もいるかもしれません。
おもちゃは、どのように処分すればよいのでしょうか。
今回は、おもちゃの処分の仕方について見ていきましょう。

処分したいおもちゃ

捨てる

おもちゃを処分する場合、まずは捨てるという方法があります。
捨てるには自治体のごみ回収に出すのが一般的ですが、その前に分別する必要があります。
ここでは大まかな分け方を挙げますが、居住地区の自治体のルールを確認し、それに従って出しましょう。

プラスチック素材のおもちゃ

プラスチックのおもちゃ

プラスチックでできたおもちゃは、可燃ごみとして出します。
金属の部品がある場合は外し、金属ごみとして分けて捨てます。

木製のおもちゃ

木でできたおもちゃは、可燃ごみとして出します。
大型のものは小さく切ったり分解したりしてから出します。
分解が難しい場合は粗大ごみとして出しましょう。

金属製のおもちゃ

金属製のものは、金属ごみとして出します。
金属ごみは、自治体によって分類の仕方が異なることが多いので、事前に確認しましょう。

電池を使ったおもちゃ

電池を使ったおもちゃは、捨てる前に必ず電池を外しましょう。
電池が入ったまま捨てると、回収車の中で発火したり爆発したりする危険があります。
乾電池やリチウムイオン電池は、プラス・マイナスの端子にセロハンテープを貼って絶縁してから、自治体のルールに従って捨てましょう。

ボタン型の電池は水銀を含むため、自治体では収集していません。
捨てる前に電極にテープを貼り、家電量販店などの回収協力店や地域の公民館などに設置されている回収ボックスに入れましょう。

人形やぬいぐるみ

整理業者に引き取られたぬいぐるみ

布製のぬいぐるみや樹脂製の人形などは、基本的に可燃ごみに出すことができます。
捨てにくい場合は、人形やぬいぐるみに感謝をしながら、紙袋に入れたり、紙に包むなどして出しましょう。
人形やぬいぐるみは、人形供養に出して供養してもらう方法もあります。

ゲーム機

ゲーム機本体の処分方法は、可燃ごみに出す、不燃ごみに出す、使用済みの小型家電として回収ボックスに入れるなど、地域によって違います。
居住自治体でのルールを確認して出しましょう。
バッテリーや電池が取り外しできるものは、取り外しておきます。

ゲーム機を処分する際に気をつけたいポイントは、個人情報の消去についてです。
オンラインゲームなどに使用していた場合、ゲーム機本体に個人情報が登録されています。
この情報を消去せずに捨てると、登録してあるクレジットカード情報やゲーム用アカウントの情報が流出してしまう恐れがあります。
また、セーブしたデータを記録しているSDカードなどが入っている場合も忘れずに取り外しておきましょう。

大きいおもちゃ

プレイマットやベッドメリーなど、一辺が30cm以上あるものは粗大ごみとして出します。
自治体に電話などで申し込み、処理券などを買って指定の日に出しましょう。
お金をかけたくない場合は、分解したり切断したりして小さくすれば、普通のごみとして出すことができます。
その上で素材ごとに分け、自治体のルールに従って出しましょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

処分の方法として、不用品回収業者に引き取ってもらうというものがあります。
不用品回収業者であれば、すべてまとめて引き取ってくれ、自分でものを運び出す手間もかかりません。
費用はかかりますが、量が多かったり、分別が面倒、時間がないなどという場合は便利です。
また、希望日に自宅まで引き取りに来てくれるのもメリットです。

ただし、無料回収と宣伝している業者には気をつける必要があります。
無料と宣伝しておきながら実際は料金を請求されたり、引き取ったものを不法投棄されたりするなどのトラブルが多発しています。
業者を選ぶ際には、会社の実体があるかどうか(会社の電話番号の有無でわかります)、地域の「古物商許可」や「産業廃棄物収集運搬許可」を持っているかどうかを確認しましょう。
また、業者によって、料金やその他のオプション料金は異なります。
何社かを比較検討してから依頼しましょう。

人にあげる

不要なおもちゃ

もし、まだ使える・遊べるおもちゃであれば、知人や近隣の子どもにあげるというのもよいでしょう。
もう手に入らないものや、未使用のものなどは、特に喜ばれるでしょう。
また、インターネットには、近所の人にあげたい不要なものを書き込める掲示板があります。
この掲示板にいらないものを書き込むと、それを見た人がコンタクトを取ってきます。
近所の人が引き取りにくるのが基本なので、梱包や発送の手間がかかりません。

売る

 

次に、売却する方法について見ていきましょう。

リサイクルショップで売る

近所にリサイクルショップがあれば、持ち込んでみましょう。
まずは電話などで、おもちゃを買い取っているか確認しておきましょう。

フリーマーケットで売る

地域で開かれているフリーマーケットに出店して売るのも楽しいものです。
出店料が若干かかりますが、人とのやりとりが好きな人、処分を急いでいない人に向いています

インターネットで売る

インターネットのオークションや、フリマアプリで売る方法もあります。
オークションやフリマアプリの最大のメリットは、スマホ1つあれば取り引きすべてが行えること。
スマホで写真を撮り、説明文をつけてアップすれば出品完了です。

オークションは、欲しい人が多く入札すれば価格が上がる可能性がありますが、売れるまでに時間がかかることもあります。
フリマアプリは、値下げ交渉などをされることもありますが、基本的に自分で売りたい価格をつけることができ、比較的、短時間で売れるようです。
商品が売れた場合、オークションもフリマアプリも梱包や発送の手間はかかりますが、誰でも手軽に始めることができます。

④専門店に売る

昔のものや稀少なおもちゃがあれば、専門店に買い取ってもらう方法もあります。
おもちゃ専門の買い取り店では、鑑定士が在籍し、おもちゃを査定して価格をつけます。
そのため、専門家の目で査定し、適切な価格をつけてもらうことができます。
買い取ってもらえるジャンルは、フィギュア、プラモデル、鉄道模型、ミニカー、ゲーム、人形、レトロ玩具、ソフビのおもちゃ、キャラクターグッズなど多岐にわたります。
特に、キャラクターもののおもちゃやドールハウスは、アニメなどの根強いファンにとって高値で取り引きされているものもあります。
また、子どもの早期教育に関心が高まっていることから、知育玩具なども需要が高いようです。

専門店での売却は、店頭での買い取りはもちろん、出張買い取りや宅配での査定・買い取りも行っています。
出張買い取りであれば、自宅に来てもらえるので、大量におもちゃがあっても運ぶ必要がありません。
また、宅配での査定は、ダンボールにいらないものを詰めて発送するだけです。
お店に行く時間がない人や、お店が遠い人は利用するとよいでしょう。
お店にもよりますが、買い取れないものも無料で引き取りしてもらえるところもあるので、問い合わせてみましょう。
いきなり売ってしまうことに抵抗がある人は、事前にLINEやWebでの査定などを利用して様子を見るとよいでしょう。

寄付する

おもちゃを寄付するという方法もあります。

近隣の保育園などに寄付する

保育園や幼稚園、児童館などで、おもちゃの寄付を受け付けているところがあります。
ただし、公立の保育園や幼稚園では受け付けていないところもあるので、まず保育園や区の保育課などに問い合わせてみましょう。
確認なしで勝手におもちゃを送ってしまうと、善意のはずが、かえって戦法を困らせてしまうこともあります。

慈善団体に寄付する

不要なおもちゃを引き取り、集まったおもちゃを国内外に寄付している団体があります。
専用のダンボールに不要なものを詰めて送れば、団体で仕分けし、さまざまなところへ寄付してくれます。
こういった団体では、おもちゃをリユースすることが目的です。
必要としている人に使ってもらえるので、愛着のあるおもちゃや、思い出のあるおもちゃを捨てにくい人は利用するとよいでしょう。
寄付先は、団体によってさまざまです。
また、発展途上国へのワクチン寄付を同時に行っている団体もあるので、ネットで検索し、自分の希望に合った団体へ寄付するとよいでしょう。
ただし、団体への寄付については送料の負担が必要となります。
また、梱包や発送も自分で行います。
各団体ホームページに発送の要領が記載されているので、よく確認しましょう。

まとめ

思い出の詰まったおもちゃたち。
なかなか手放しがたい場合は、写真に撮っておきましょう。
ものは手元になくても、写真を見れば、いろいろ思い出すことができます。
大切にしてきたおもちゃだからこそ、おもちゃを必要としている次の世代に役立ててもらえたら嬉しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


遺品整理の七福神はこちら