遺品整理業

ぬいぐるみの捨て方は?処分・供養・寄付?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

可愛くて、ついつい買ってしまう、ぬいぐるみ。ぬいぐるみは、プレゼントなどでももらうことが多いものの一つでもあります。子供のものも含め、ふと気がつくとたくさん集まってしまっていた・・・そんなことはありませんか?

また、遺品整理でも、ぬいぐるみが大量に残されていることがあります。ただのモノと違い、人や動物の形をしている、故人の思いが詰まったぬいぐるみは、なかなか捨てにくいものです。
でも、布と綿でできたぬいぐるみは、放置しているとダニやホコリの温床となってしまうため、ずっと置きっぱなしにしておくわけにはいきません。

そんなぬいぐるみを、気持ちよく処分する方法はあるのでしょうか。今回は、ぬいぐるみの処分方法について見ていきましょう。

ぬいぐるみ 処分

ぬいぐるみは、なぜ捨てにくい?

ぬいぐるみ 捨て方

ぬいぐるみを捨てるのは、なんとなく縁起が悪い気がしてしまう人も多いのではないでしょうか。
昔から「目・鼻・口のついているものには魂が宿る」といわれています。

日本では、人形は、昔から祈祷や呪術に使われてきました。また、八百万の神という考えがあり、全てのものに魂が宿る、長く使ってきた愛着のあるものにかみが宿る、といった伝統的な考え方があります。
これが発展して、「人形やぬいぐるみを捨てると縁起が悪い」ということが言われるようになったようです。
捨てても特に問題ないありませんが、今まで可愛がってきたものを捨ててしまうという罪悪感が一番の理由でしょう。

どうしても捨てづらい人は、まず、その気持ちと向き合うのがお勧めです。
紙に書き出して、自分の気持ちを整理します。そして、ぬいぐるみにお礼とお別れを言ってから処分しましょう。

ごみとして捨てる

ごみ ぬいぐるみ

自治体のごみに出す

破損や汚れのあるぬいぐるみは、その使命を終えたものと考えて、思い切って処分しましょう。
ぬいぐるみは、一般的に可燃ごみとして出すことができます。

金属などのパーツがたくさんついているものは、パーツを取り外して分けないと回収してもらえないことがあります。また、ほとんどの自治体で、大きさが30cmを超えるものは粗大ごみとなります。必ず自治体のルールを確認してから捨てるようにしましょう。

大量にある場合、一度にたくさん捨てるのはマナー違反です。自治体によっては、一度に出せるごみの量が決まっています。迷惑にならないよう、分けて捨てるようにしましょう。

罪悪感を拭う捨て方とは?

どうしても罪悪感や後ろめたさが拭えない場合は、ごみ袋にお清めの塩を一緒に入れたり、ぬいぐるみそのものに塩を振ってあげたりしましょう。さらに、白い布でくるむと、風水的にも良いそうです。包装紙などで包んだり、紙袋に入れたりするのも良いでしょう。

また、時間が許せば、ぬいぐるみを解体してから出しましょう。生き物の形でなくすることによって、魂が離れ、生き物からモノに戻るのだそうです。
時間がない場合は、目隠しをしてから捨てるのもお勧めです。ぬいぐるみには目があるため、視線を感じてしまいます。そこで、布などで顔を隠すとよいでしょう。

ごみ袋に入れる時は、「ありがとう」の気持ちを込めて、生ごみなどとは別にしましょう。
また、ぬいぐるみをそのままごみ袋に入れて捨てると、外から見えて他の人に不快な思いをさせることもあります。袋を二重にしたり、紙袋などに入れたりしてからごみ袋に入れましょう。

供養する

供養 ぬいぐるみ

お寺・神社など

魂が宿ると言われる人形は、供養を行い、お焚き上げをする「人形供養」という処分方法があります。
ぬいぐるみも同様に、人形供養に出すことができます。
インターネットで検索してみると、人形のお焚き上げをしているところがあります。近隣地域で、そういったお寺や神社を探してみましょう。また、郵送で供養を受け付けているお寺もあります。

地域の葬祭センターなどで供養をまとめて受け付けていることもあるので、近くに供養できる場所がない場合に利用するとよいでしょう。

人形感謝祭

毎年10月に、東京の明治神宮で、「人形感謝祭」という行事が行われています。
こちらでは、一袋また、ひとつに対し3000円の玉串料で、ぬいぐるみに祈祷してもらえます。「ありがとう、さようなら」の気持ちを伝えたい人は、利用すると良いでしょう。

人形供養代行サービス

お寺や神社へ持ち込みに行けない場合や、対応しているところが見つけられないという場合は、「人形供養代行サービス」を利用してみましょう。

一般社団法人日本人形協会では、日本郵政と提携し、供養サービスを行っています。同協会では、年間を通じてぬいぐるみや人形を郵送で引き取り、上でご紹介した「人形感謝祭」に持ち込んでくれます。
料金は一箱5000円(郵送料金、事務手数料金、供養料金が含む)です。

売る

ぬいぐるみ ネットオークション フリマアプリ

処分したいぬいぐるみが、まだきれいであれば、売ることもできます。人気のキャラクターや限定品、プレミアのついたものは、意外な高値で売れることも。

ネットオークション・フリマアプリ

スマホで写真を撮り、専用サイトにアップするだけで、ぬいぐるみを売ることができます。ほとんどの手続きをスマホやパソコン上で済ませることができるので、物をどこかに持ち込む必要がなく、簡単にできます。

フリーマーケットに出す

公園などで開催されるフリーマーケットに出店するのも良いでしょう。家族連れが多いので、買ってもらえるかもしれません。ただし、値段交渉をされることが多いため、あまり高値では売れない可能性があります。

リサイクルショップ・買い取り専門店

リサイクルショップに持ち込む方法もありますが、高値がつく可能性は低いでしょう。
もし、海外メーカーやハイブランドのもの、限定品などがあれば、ぜひ査定してもらいましょう。思わぬ高値がつくこともあります。

出張買い取り、宅配買い取り、店頭買い取りなど、色々な方法で査定してもらえるのも便利です。

人に譲る

寄付 ぬいぐるみ

友人・知人にあげる

まだきれいなぬいぐるみや、新品に近いぬいぐるみは、友人・知人に声をかけてみましょう。小さな子供のいる家庭では、気軽に遊べるぬいぐるみを喜んで受け取ってくれる人もいるでしょう。もしよかったら、と声をかけてみましょう。

施設や支援団体に寄付する

大量のぬいぐるみを、ひとつひとつ売却していくのは、かなり手間と時間がかかります。また、オークションやフリマアプリなどで売れ残ってしまったぬいぐるみがある場合は、海外途上国への支援を行なっている団体に寄付してみてはいかがでしょうか。

寄付したぬいぐるみは、海外途上国や日本の児童福祉施設の子どもたちへ贈られます。
このような団体を利用すれば、必要としている子どもたちへ、ぬいぐるみを届けることができます。
ほとんどの団体で、段ボールや専用の箱に詰めて郵送するだけなので、とても簡単ですよ。
また、ぬいぐるみ以外にも、文房具やおもちゃ、服なども寄付できます。

寄付の前に注意すべき点は?

押し入れなどでホコリだらけになっていたようなものを、そのまま送ることはマナー違反です。
送り先では、子どもたちが抱っこしたり一緒に寝たりするかもしれない、ぬいぐるみたち。自分たちのできる範囲で良いのでほこりをはらい汚れを拭き取るようにしましょう。
手放した先でまた可愛がってもらえるように、心をこめて掃除してあげたいですね。

ペットのおもちゃにする

ぬいぐるみ

犬や猫を飼っている家庭であれば、飼い主や家族の匂いがついたぬいぐるみは嬉しいおもちゃになります。犬や猫が飲み込みそうな危ない部品は取り外してからあげましょう。
また、ダニなどアレルギーがある犬猫もいますので、与える前に一度、洗濯機で丸洗いをしておくと良いでしょう。

遺品整理業社に依頼する

遺品整理業者は、不用品の買い取りも行っています。
近年は、買い取りに力を入れ、専門的な知識をもって適正な価格で買い取ってくれる業者が増えています。もし、中に価値のあるぬいぐるみがあって買い取ってもらえれば、遺品整理費用の節約にもなります。

もちろん、引き取り業務は遺品整理の一環なので、遺品整理業者に依頼すれば、一度の依頼で全てを処分できます。
市場価値のないものは、不用品として回収・処分してもらえるので、自分でごみ袋に入れたり、運び出したりする手間もないので、時間がない人、手間をかけられない人にお勧めです。

また、提携の神社へ持ち込み、供養を代行してくれる業者もあります。希望すれば、供養証明書も発行してもらえますので、依頼の際に相談してみましょう。

まとめ

ぬいぐるみ 処分 寄付 供養

故人が大切に愛情を注いできたぬいぐるみ。でも、いつかは「さようなら」の時が来ます。
その時、今までのことを感謝しながら、気持ちよく「さようなら」できたらいいですね。自分に合った方法で、上手に手放しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遺品整理のお悩みやお困りごとは 遺品整理の専門家「遺品整理の七福神」へ!


HOME

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


遺品整理の七福神はこちら