遺品整理業

東京都のごみ処分方法【世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京23区内でも「可燃ごみ」「燃やすごみ」などの用語や、分類の仕方が区によって違います。
収集日や時間、集積所は地区ごとに決められており、年末年始と日曜日を除き、土曜日や祝祭日も行っています。 粗大ごみに関しては、どの区も事前の申し込み制です。

では、東京都世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区のゴミの分類を見ていきましょう。

世田谷区

可燃ごみ

生ごみ、少量の植木の枝・葉、再生できない紙くず(アルミコーティングされた紙・汚れた紙)、衣類、紙おむつ、プラスチック類、ゴム・皮革類です。
ふたが付いた90リットル以下の容器か、中身の見える透明・半透明のごみ袋に入れて出します。
1回の排出量は、45リットルの袋で3つまで。

不燃ごみ

びん以外のガラス製品、割れたびん、スプレー缶・卓上ガスボンベ・ライター、陶磁器類、乾電池、リチウムイオン電池(CR、BR)、蛍光管・電球、一辺の長さが30cm以下の小型家電製品・金属類です。
ふたが付いた90リットル以下の容器か、中身の見える透明・半透明のごみ袋に入れて出します。また、1回の排出量は、45リットルの袋で3つまで。
割れたびんは厚紙などに包み、「キケン」などと表示しておきます。

ガスボンベやライターは最後まで使い切ります。
蛍光管・電球は、買った時に入っていたケースに入れておきます。
小型家電製品・金属類は、再資源化のため、他の不燃ごみとは分けて出しましょう。

資源ごみ

古紙・ガラスびん・缶を週1回、ペットボトルを月2回、資源・ごみ集積所へ出します。

新聞・折り込みチラシ・雑誌、段ボール

種類ごとにまとめ、ひもで十字にしばっておきます。配達伝票などは取り除いて可燃ごみへ。

お菓子やティッシュの空き箱、小さな紙

紙袋に入れて出します。

ガラスびん(食品用)

キャップをとり、中をすすいで、水を切り、黄色いコンテナに入れます。

缶(飲み物や食品のアルミ缶、スチール缶)

中をすすいで水を切り、つぶせるものは軽くつぶして、青いコンテナへ。

ペットボトル(飲料、調味料用)

キャップをとり、ラベルを外し、中をすすぎ、つぶして、中身の見える袋に入れて出します。

渋谷区

可燃ごみ

生ごみ、紙ごみ、衣類、木の枝・落ち葉、プラスチック類、ゴム類、皮革類。
ふた付きの容器か、中身の見える袋で出します。
また、油などで汚れたペットボトル、ペットボトルマークの付いていないプラスチック製容器、洗剤・シャンプーなどのプラスチック製容器も可燃ごみです。

不燃ごみ

小型の金属類(傘、やかん、フライパンなど)、小型の刃物類、陶器・ガラス類、ライター、電球・割れた蛍光管(水銀を含まないもの)、アルミホイル、乾電池、使い捨てカイロなど。また、油などで汚れたびん、化粧品・薬品のびん、割れたびんも不燃ごみに含まれます。
ふた付きの容器か、中身の見える袋で出しましょう。
刃物や割れた食器は、新聞紙などに包んで「危険」と表示しておきます。
ライターは必ずガスを使いきり、別の袋に分けて「危険」と表示しましょう。
充電式電池やボタン電池は電気店などの回収ボックスへ。

資源ごみ

新聞・折り込みチラシ・雑誌、段ボール、雑誌・本・パンフレットなど

種類ごとにひもでしばってから出します。

びん(飲食料用ガラスびん)・缶(飲食料用のアルミ缶・スチール缶、お菓子や海苔の缶)

中をすすぎ、中身の見える袋に入れて出します。
スプレー缶・カセットボンベは中身を使いきり、びん・缶とは別の袋に分けて出します。

ペットボトル(ペットボトルマークの付いているもの)

キャップやラベルを外し、中をすすいで、つぶして中身の見える袋に入れます。キャップ・ラベルは可燃ごみへ。

水銀を含む蛍光管類

購入時のケースなどに入れるか、新聞紙などに包んで出しましょう。
水銀を含む蛍光管類は「資源」、LED・白熱電球・割れた蛍光管類は「不燃ごみ」です。間違えないよう注意しましょう。

中野区

燃やすごみ

ふたのできる容器、または中身の見える透明か半透明の袋に入れて出します。
燃やすごみは、生ゴミ、ゴム・皮革製品、プラスチックでできた製品、ハンガー、紙おむつ、紙くず・油や汚れのついた紙、剪定枝・落ち葉、食用油です。

陶器・ガラス・金属ごみ

ふたのできる容器、または中身の見える透明か半透明の袋に入れて出します
陶器製品、ガラス製品、金属類、傘など金属部分が外せないもの、使い捨てカイロ、スプレー缶・カセットボンベ・ライター、水銀使用の体温計・血圧計、刃物類・割れ物、小型の家電製品、蛍光管・電球など。
スプレー缶などはなるべく中身を使いきりましょう。他のごみとは別の袋に分けて「スプレー缶」などと中身を表示しておきます。穴を開ける必要はありません。
同様に、水銀を含む製品、刃物や割れ物も、他のごみとは別に袋に入れ、中身を表示しておきます。
携帯電話やデジタルカメラなど特定9品目の小型家電は区立の施設の回収ボックスに出しましょう。

プラスチック製包装容器

シャンプーや柔軟剤などのボトル、調味料のボトル、カップやパックなどの容器類、食品の袋、レジ袋、キャップ・ラベル類、緩衝材、薬のシートなど。
「プラマーク」が付いているものが対象です。
中身を空にし、水で軽くすすいで汚れを落としてから、ふたのできる容器、または中身の見える透明か半透明の袋に入れて出しましょう。

びん・缶・ペットボトル

中身を空にし、水で軽くすすいで汚れを落とします。びん・缶・ペットボトルの回収日に、それぞれ回収ケース・ネットに直接出しましょう。
中身が入ったもの、油汚れ等がひどいもの、破損して危険なもの、医薬品・化粧品のびんは出せません。「陶器・ガラス・金属ごみ」として出しましょう。
なお、ペットボトルは、区内のスーパーマーケットに設置している「ペットボトル破砕回収機」を利用するとポイントがもらえます。たまったポイントは、お買い物券や店舗独自のポイントに交換できます。

古紙・古布

新聞・雑誌(雑がみ)・段ボールを種類ごとにまとめ、ひもでしばって出します。ビニールひももOKです。
洗濯してある古着・古布も回収します。ファスナーやボタンなどを外す必要はありません。ビニール袋に入れ、中身が何かわかるよう表記しておきましょう。

杉並区

可燃ごみ

生ごみ、ゴム製品、皮革製品、プラスチック製品(プラマークのないプラスチック)、汚れの取れないプラスチック製容器包装、剪定した枝葉など。
ふた付き容器、中身の見える袋または杉並区推奨「黄色いごみ袋」で出します。

不燃ごみ

金属、刃物、ガラス製品、茶碗など陶磁器、小型の家電製品(最大辺30 cm以下)、汚れの取れないガラスびん、スプレー缶・カセットボンベ・ライター、電球・蛍光管、電子体温計・電子血圧計、アルミホイルなど。
ふた付きの容器や、中身が見える袋に入れて出します。
電球・蛍光管、傘は30cmを超えるものでも不燃ごみに出すことができます。

ゴミ分別

資源ごみ

プラスチック製容器包装(ボトル、カップ、パック、袋、フィルム類、食品用トレイ、緩衝材、キャップ、ラベル)

簡単に汚れを落とし、ふた付き容器、中身の見える袋に入れて出します。

びん(飲食料用、化粧品用)

中をさっとすすいで、ふたを外し、黄色い専用コンテナに入れます。
飲食料用・化粧品以外のびん、農薬の空きびん、割れたびん、食用油のびん 、マニキュアのびんなど汚れの落ちないものは不燃ごみへ。

缶(飲食料用)

スプレー缶・カセットボンベや、汚れが落ちない油や塗料の缶は不燃ごみへ。

古紙(新聞紙、雑誌・書籍・雑がみ、段ボール、紙パック)

リサイクル工程が違うため、種類ごとに分けて出します。

ペットボトル

キャップとラベルを外し、中をすすいでから潰して出します。

練馬区

可燃ごみ

生ごみ、木の枝・草花、ビデオテープ、CD、DVD、プラスチック製品、汚れの落ちない容器包装プラスチック、古紙に出せない紙類、ゴム製品、保冷剤・乾燥剤、皮革製品、ビニール・ラップ、紙おむつ・生理用品、花火・マッチ
ふた付きのごみ容器または透明度の高い袋に入れて出します。

不燃ごみ

金属類(使い捨てカイロ含む)、ガラス類、陶器類、アルミホイル、傘、30cm角以下の小型家電製品、蛍光管・電球、電子体温計・電子血圧計、刃物類、使い切ったガスライター・スプレー缶・カセット式ガスボンベ

ふた付きのごみ容器または透明度の高い袋に入れて出します。
金属類のうち、鍋、やかん、フライパンは資源として拠点回収しています。

蛍光管・電球は、購入時の箱に入れるか、新聞紙に包み、他のごみとは別の袋で出します。
刃物類は、厚紙などで包み「キケン」と表示しておきます。
使い切ったガスライター・スプレー缶・カセット式ガスボンベは、他の不燃ごみとは分け、別の袋で出しましょう。

資源ごみ

容器包装プラスチック

「プラマーク」の付いているものが対象です。
ボトル類、トレイ類、カップ類、パック類、袋・フィルム・ラベル類、発泡スチロール・緩衝材、キャップ類
軽くすすいでから中身の見える袋に入れて出します。袋を二重にしてはいけません。

ゴミ分別

古紙

新聞紙、ダンボール、紙パック、雑誌・書籍・パンフレット、雑がみ
種類別に分け、ひもでしばって出します。
ダンボールは必ず畳んでおきます。
紙パックはすすいで乾かし、切り開きます。アルミ付きも出せます。区立施設にも回収ボックスが設置されています。
窓つき封筒やティッシュの箱は、ビニールなどを外します。

ペットボトル

「ペットボトル識別表示マーク」の付いているものが対象です。キャップとラベルは外し、容器プラスチック回収へ。軽くすすいで水をきり、軽く潰して青色の回収袋へ入れます。

乾電池

区立施設の回収ボックスに入れます。ただし、小型充電式電池(ニカド電池など)、ボタン電池、リチウムコイン電池は回収していません。

小型家電

携帯電話、携帯音楽プレーヤー、携帯ゲーム機器、デジタルカメラ、ポータブルビデオカメラ、ポータブルカーナビ、電子辞書、卓上計算機、ACアダプターの9品目は、区立施設に設置されている回収ボックスに入れましょう。
携帯電話などに含まれる個人情報は、施錠保管や破砕処理などにより適切に管理されていますが、出す前に、自分でも個人情報を消去しておきましょう。

各区の詳しい分類方法や出し方は、ホームページや役所の窓口で確認してください。各区の窓口では、ごみの分別や出し方についてのパンフレットももらえます。ぜひ参考にして、正しくごみを処分しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遺品整理のスーパーノウハウ、プレゼント中!

『身内が亡くなったら絶対に知ってほしい遺品整理チェックリスト』(無料)


遺品整理において最も注意しなければならないのは、時間的・費用的制限のあるなかで、どのようにして故人に失礼のないよう、スムーズに遺品整理を行うか。そのために、悪徳業者に騙されないための知識を持っておくことです。


そこで、遺品整理のプロが誰にも教えたくないノウハウを一つの資料にまとめました。悪徳業者も必見!「悪徳業者に騙されないためのポイント」もキッチリ教えます。


資料ダウンロードページ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA